Home > ちゃぶ台通販について > 大きさいろいろなちゃぶ台が通販で

大きさいろいろなちゃぶ台が通販で

 今やテーブルと椅子での生活が当たり前になり、キッチンにはダイニングテーブルとダイニングソファがあるのが当たり前です。さらに、リビングにはこれまたソファーと、ソファーの高さにあったテーブルが置かれていて、床に座るということはほとんどありません。それもそのはず、どの部屋もフローリングの床になっており、畳敷きではないことから、床に座るという概念がほぼなくなっていることが大きな理由です。とはいえ、床にラグを敷き、ロータイプのソファーに座ったり、あるいは腰掛けるタイプのソファーを置きつつも、それを背もたれにして床に座っている人もいて、人によって過ごし方はさまざまです。ただ、多くの人に共通しているのが、食事はダイニングテーブルで食べ、くつろぐためにソファーに移動するということではないかと思われます。

 食事は食事、くつろぎはくつろぎで、使用目的の異なるテーブルと椅子が必要になるとなれば、それだけ広い場所を必要とします。今は核家族化が進み、家族の人数も少ないことから、十分に場所の確保ができるのでしょうが、かつては三世代同居は当たり前、しかも子供の数も多かったことから、そんなにたくさんのテーブルを置くことができませんでした。そんな家の中で大きな存在を占めていたのが、ちゃぶ台です。家族が多ければ大きな物になり、4人家族なら4人が座ってしっくりくる大きさが選ばれていました。食事の時以外には、子供たちがここで勉強をし、親がそばで見てやることが簡単にできるというメリットがあったものです。いまはそれぞれの部屋に勉強机があり、親といえども子供が勉強しているそばにいくことはほとんどありません。

 家が小さいのなら、思い切って通販でちゃぶ台を買って、それを家族のメインテーブルに使うのもいいでしょう。これ一つで用が足せるという状態にすれば、その暮らしに自然と慣れていけます。通販でなら、ちょっと大きめのちゃぶ台も見つかりますので、家族全員が集まるにしても、ゆったり座れるようにという工夫もできます。昔ながらの円形に向かい合って座る形なら、家族の距離を縮めるのに大いに役立ってくれるでしょう。通販サイトを探せば、今でもこんなレトロな商品があるのかと感慨深い思いに浸ったり、こんなおしゃれなものもあるのねとびっくりしたりと、ショッピングそのものを楽しむことができると思われます。通販でちゃぶ台を買ったなら、どんな暮らしに変わるのか、それも大きな楽しみの一つです。

次の記事へ